Research

Organic synthesis by

designing catalyst

and chemical reaction

as well as molecule

大宮研究室では、新触媒・新反応・新機能を有機化学的な研究手法で創りだし、創薬・生命科学研究の未来を切り拓くことが目標です。最優先課題は、入手容易な炭素資源から高い付加価値をもつ有機分子を最短工程で組み上げていく有機合成プロセスの開発に貢献するとともに、我々が手にできる有機分子の多様性・複雑性を大きく拡大していくことです。 これら課題を実現するために、これまでに「ラジカル反応を制御する有機触媒」「還元的極性転換に基づく炭素-炭素結合形成」「新しい機能をもつホウ素分子」の開発に成功しています。

Follow us